シャープ 太陽光発電

原子力発電離れが、今加速しています。
東日本大震災以降、暴走し始めたらだれにも止めることができなくなる原子力発電は、いかに発電効率が高くても、あるいはCO2が発生しないといえど、あれだけ多くの人々が命を落とし、今も数万人の人達が避難を余儀なくされている状況を思うと、原子力発電を推進する動きは、当分はあり得ないと思われます。

その半面、一躍注目を浴び出したのが、火力発電と太陽光発電で有ります。
特に太陽光発電は、補助金が国家施策としてもりこまれ、地区の助成金も用意され、何といっても、余剰電力の電力会社の買い取りシステムが確立されたのが起爆剤となって、今どんどん普及していっています。

特に個人用の普及率はどんどん上がって来ています。
そうなると、いかに安く太陽光発電システムを設置するかということ、そしていかに効率よく電気を発電するかということが大切になってきます。
施工費用は、ネット等で探せばかなり格安のところが見つかります。
ただ、安かろう、悪かろうにならないようにだけは気を付けたいものです。
つまるところ、どの工務店にするかということに尽きると思います。

一方、発電効率ということになると、工務店の種別の話ではなく、いかに効率のよいソーラーパネルを使うかということになるかと思います。
効率のよいパネルとなると、それはやっぱりシャープしかないと思います。
何といっても国際規格よりも厳しい独自の品質試験を行い、50年以上、シャープは太陽光発電に取り組んでいるからです。

他のメーカーの持っていない豊富な実地データやノウハウに基づく独自の厳しい品質試験を実施して、所謂「長期耐久性」テストを実施しています。
現在、海外市場からシャープ他、パナソニック等も撤退を開始していますが、これは生産コストの点で外国メーカーとの競合を避けただけで、国内においては、売上げ、テクノロジ-ともに、国内NO.1メーカーとしての立ち位置は、揺るぎもしない物で有ります。