太陽光発電 工事

あの壊滅的なダメージを東日本に与えた 東日本大震災以降、震災に対する物の考え方が、すっかり変わってしまいました。
それまでは、ある程度の危険率をかけてリスクを想定して、種々の設備の構造、安全対策を進めるが、想定以上、所謂 杞憂な事柄に対しては、仕方ない、事後に迅速に対応しようという考え方で 過去100年以上も進めてきていました。

ところが、放射能被害に日本中が震撼してしまい、想定してようと、想定していまいと、放射能はいけない、何が何でも 存続はありえない。
という強力なオピニオンが構築されてしまいました。
原子力発電が、無くなった時の代替え案とかも踏まえての決定というよりは、勅命という風な扱いにすらなっています。

そのため、国としては 火力発電所をフルパワーで稼働させること、個人用として 太陽光発電システムをどんどん普及させて、個人使用に関しては、ある程度自家発電で対応できる形に持ちこめば、エネルギー施策の青写真も書きやすくなるというものなのですね。

その動きを加速させるように、国からの補助金、地方行政からの援助金、そして余剰電力を電気会社に売り付ける売電システムの完備等により、今は数年前に比べて非常に太陽光発電システムを取り付けるのに素晴らしい環境が揃っていると言っていいでしょう。

太陽光発電システムを自宅の屋根の上に装着したいと考えた個人家主は、工事のことを考えるだけでいいのです。
工事のこととなると、当然 数百万円の投資をするわけですから事前に勉強することは必要です。

太陽光パネルがメーカーによって発電効率が違うとか、補助金の申請は自分でしなければならないところと業者任せでよいところがあることとか、
3.7kwで、こみこみで150万円程度になるとかが理解出来たら、あとは誠実な業者を探すことが一番大切になってきます。

そしてその探し方は、「太陽光発電施工に特化した無料見積もりサービスにひたすら申し込む」ということを、ある時期するべきです。
そして、ある程度絞り込んだら、「競争見積もりをかけています」という断りを必ず入れて詳細見積もりを取って業者を決めればいいのです。