電気を起こす方法の一長一短

 本当に、日本に外国のように原子力発電所がいるのでしょうか?
国会レベルで、ちょっとかじり丸出しの国会議員が、日本の電力を原子力発電所がなくなったらいったいどうなるのかという風に語っていました。日本の電力事情を憂えて、原子力発電所がなくなったら、日本の将来は全くないと力強く、熱く、語っていました。

ところが あの東日本大震災以降、誰も言わなくなりました。
自分の政治生命をかけて真実を語る国会議員がいなくなったのか、本当は電力は足りていて 原子力発電所が無くなったも、それなりになんとかなるのかということは良くわからなくなってしまいました。
電力発電所には、原子力発電所、火力発電所、水力発電所、太陽光発電所ということになります。
原子力発電所は 、発熱効率が非常に高くて、つねに一定の電気量を作り続けます。

また二酸化炭素の排出が無く 想定内での稼働を続ける限り環境にも優しいのです。
ただ想定外のことが起きると、環境に厳しいどころか、人類全体に大打撃を与えかねません。
火力発電は物を燃やすのに燃料(化石燃料)がかかるので、その燃料代が莫大なものになるし、大気中に二酸化炭素が大量に出回るので、地球環境には厳しい発電方法ということになります。
ただ発電量の調整とか、廃熱の利用とかの特徴があります。
水力発電所は、作るのにお金がかかります。

日本の場合、大量の水量が流れる川がないので、どうしても大がかりなダムを造る必要があります。
ダムを造ろうと思うと、周辺の環境への配慮とか、住んでいる人達への補償とか、狭い日本独特の悩みがあります。
風力発電の場合は、コンスタントに強い風が吹き抜ける場所が必要で、かつ発電効率が悪いので、何本もプロペラを立てないといけません。
発生する低周波で地元の人々の健康障害が発生することもあり、人里離れて、かつ風が強くいつも吹いているところが必要になります。

日本にはもあまりそういった箇所が少ないです。
最後の太陽光発電は、環境への悪影響は一切なく、燃料は無尽蔵に降り注ぐ太陽ですから進めるあるのみです。
ただ、転換効率が他の発電方式に比べてあまりよくなく、作れる電気量は多く有りませんが、個人が自家使用のために自宅に設置できる方式は 太陽光発電のみです。
他の火力も水力も風力も 自宅には設置できません。
その強みを大いに利用して自家使用の分を各家庭で作りだすことが実現すれば、電力事情もある程度地に足のついた絵を描くことが出来ると思います。